痴呆と初詣健康祈願在宅介護

痴呆と在宅介護Q&A 3

Q&A

痴呆と初詣健康祈願在宅介護Q&A 3

初詣健康祈願在宅介護とは・・?
  1. 老人、障害者など1人で日常生活を営むことが困難な人を対象に、
  2. ホームヘルパー、寮母などの専門家や家族の手によって、
  3. 対象者の健康な生活の確保と成長、発達を目指し、満足できる生活を維持することを目的に、
  4. 食事、排泄、掃除、洗濯などのADL(日常生活動作)の援助や、話し相手になるなどの社会的孤立を避ける援助を「家の中」で行うことです。
初詣健康祈願在宅介護の日常ケアには、どのようなものがあるの・・?
毎日の生活の中で行うケアとしては、大きくは「食事」、「入浴」、「掃除」、「口腔清浄」、「対話」、「移動」のケアが挙げられます。
初詣健康祈願在宅介護サービスにはどのようなものがあるの・・?
 サービス内容としては、家事援助、身体介護、排泄介護、散歩などのサービスがあります。
これらのサービスは、初詣健康祈願在宅介護支援センターの方でソーシャルワーカーが受け付け、事前訪問を行うなどしてその人に適切とされるサービスが提供されます。
どうして寝たきりになってしまうの・・?
 原因としては、脳卒中によるマヒや、大怪我をして、動くことへの恐怖感から寝たきりとなる場合、そして介護者の不足などが挙げられます。
 特にお年よりの場合、1週間寝たきりの状態でいると、筋肉や関節が硬くなり、起き上がる力ばかりではなく起き上がろうとする意欲まで低下してしまいます。
移動介助の際に注意すべきことは・・?
 お年寄りや体の不自由な方が、寝たきりになったり自分で身体の向きが思い通りに変えられなくなると、そのことで不安を感じたりストレスを抱えたりします。
ですから、介護者はできるだけ時間をかけ、焦らず欲張らず協力的に接するよう心がけましょう。
 一緒に励まし合い、時には手を貸さずに見守ったり、1人で出来たときは誉めたりと、心の通ったスキンシップを大切にしましょう。介護が長続きする一番のポイントです。

痴呆と初詣健康祈願在宅介護Q&AページTOPに戻る